注文住宅 相場 坪単価

家を建てたい!と思ったら

理想の家づくりには、自分に合った施工業者選びが最重要になります。
これが完全無料で最適な業者を見つける方法です!

詳細はココをクリック

注文住宅の3つの種類

一口に注文住宅と言っても、注文住宅には3つの種類があります。
それぞれの特徴を知って、自分の求める家を建てるためには、
どの種類の注文住宅で依頼をするのが良いかを考えてみましょう。

 

注文住宅の3つの種類とは、

 

  1. 建築家に依頼する注文住宅
  2. ハウスメーカーに依頼する注文住宅
  3. 工務店に依頼する注文住宅

 

です。

 

 

建築家に依頼する注文住宅

設計を建築家に依頼し、施工をゼネコンや工務店に依頼するタイプです。
設計と施工は別々に契約をします。

 

センスの良い建築家が設計すると、人もうらやむ家が建てられます。
そのほか、自分のセンスに合った建築家に依頼すると、
自分の理想とする夢のマイホームが建てられます。

 

建築家と施工者の両方が利益を取るために、高くつくのがネックです。

 

コストはかかるが、家に相当のこだわりを持っていて、
ハイセンスな家を建てたい場合は、このタイプで家を建てるといいでしょう。

 

注文住宅の写真

ハウスメーカーに依頼する注文住宅

ハウスメーカーとは、全国規模で展開する住宅建設会社の事です。
住宅メーカーとも呼ばれ、設計から施工まで一貫して請け負います。
大和ハウスや、セキスイハイム、パナホームにミサワホームと言えば
分かりやすいかもしれません。

 

研究施設を持っていて、独自の技術を開発してることが長所。
その一方、営業にものすごいお金を掛けています。
モデルハウスの建築費用や維持費用、テレビなどでの広告費用などの
費用が莫大にかかるため、安い下請けの建築業者を使うことが多いようです。
そのため、技術力のある職人が集まりにくいと言われています。

 

また、大企業なので人事異動や退職などで担当者が変わりやすく
アフターフォローに不安を持つ人も少なくないようです。

 

現実的ではない大きさのモデルハウスを見せて夢を見させ
オプション追加、さらにオプション追加で広告に載っている値段で
建てられることは滅多にないようです。

工務店に依頼する注文住宅

工務店とは地元密着型の建築専門の建設業者の事です。
工務店は、鳶、大工、左官、電気、水道などの職人の手配から
管理まで工事の現場を監督する役割を担います。

 

工務店の現場は親方と職人が中心で、親方には信用第一の
人格者であることが求められています。

 

そのため、大企業の言うような形だけの現場主義ではなく、
本質な現場主義が貫かれており、親方の目の届く範囲での
規模の大きさを重視しているため、ハウスメーカーと比べると
規模が小さいまま存続していると言われています。

 

ローコストで高品質な家が建てるのなら、間違いなく工務店が一番です。
しかし、親方の人格により、技術の高い職人を集められる工務店と
そうでない工務店があるのも事実です。

 

たくさんの工務店に資料請求をして、施工実績を比べることで
技術力の高い工務店を探し出すことが出来ます。

 

理想のマイホームを作りませんか?

あなたに最適なハウスメーカー・工務店が見つかります。
自分に合った家づくりのパートナーを見つけることが、マイホームへの一番の近道です!

詳細はココをクリック