注文住宅 狭い土地 広い家

家を建てたい!と思ったら

理想の家づくりには、自分に合った施工業者選びが最重要になります。
これが完全無料で最適な業者を見つける方法です!

詳細はココをクリック

狭い土地でも広い家を建てる

昨今の住宅事情では、広い土地(敷地)を購入することは難しいです。
でも、土地が狭くても広々とした家を建てる裏技があることをご存知ですか?

 

家を建てる場合、容積率による縛りがあります。
容積率は地域によって細かく違うのですが、たとえば容積率が200%で
土地が50坪の場合、最大で100坪(50坪×200%)までの延べ床面積の
家しか建てることができません。

 

ここで裏技の登場です。
実は、この延べ床面積をカウントするときに、高さ1.5mまでは
カウントから外すことができるのです。(地域によって例外もあります。)

 

そこで、高さ1.4m以下の、容積率にカウントしなくてよい
部屋をいくつか作ってしまおう。というのが裏技です。

 

でも、高さ1.4m以下だと、使い物にならない部屋になっちゃわない??

 

そんな声が聞こえてきそうですが、そうでもないんです。
大体、どこの家にも「開かずの間」と言うべき部屋があると言われています。
要は、荷物置き場・物置になってしまっていて、居室として使っていない部屋の事です。

 

この「開かずの間」を、1.4m以下の部屋にあてがってしまうわけです。
そうすると、高さのある普通の部屋は全て広々と使えます。

 

高さ1.4m以下の部屋の配置については、いろいろな意見があります。
リビング脇・キッチン脇・ことも部屋脇・・・と、小さい部屋をいくつか作ったほうがいい。と
言う人もいれば、1階と2階の間に、中二階のように広い部屋を1つ作ったほうが良いと
言う人もいます。

 

複数の経験豊富な工務店さんの意見を聞いて、自分に一番合った
配置を決めることが一番いいと思います。

 

理想のマイホームを作りませんか?

あなたに最適なハウスメーカー・工務店が見つかります。
自分に合った家づくりのパートナーを見つけることが、マイホームへの一番の近道です!

詳細はココをクリック